フェイスラインの外科手術

美容整形

生まれつきのフェイスラインのコンプレックスは、美容外科で手術をすれば改善できます。あご、頬、エラの骨を削る外科手術なら確実な小顔効果があります。ただし、全身麻酔の外科手術になるので信頼できる美容外科クリニックを選ぶことが大切です。

More Detail

まぶたの皮膚を切除

女の人

大きな目と長いまつげ

皮膚はゴムに近い性質をしているので、引っ張り続けていると、伸びきって元には戻らなくなります。特にまぶたの皮膚は薄い分、伸びやすくたるみやすいことが知られています。皮膚がたるむことで、まぶたは垂れ下がり、それによって目が塞がっていきます。すると目が細く見えるようになりますし、まつげもまぶたに覆われることで短く見えるようになるのです。こういった美容面での問題を解消するためにおこなわれている整形手術が、眉下切開です。眉下切開では、文字通り眉毛の真下の部分で、まぶたの皮膚が切開されます。そして適度に皮膚を切り取った上で、縫合するのです。眉下切開によってまぶたの皮膚が少なくなれば、目やまつげが覆い隠されることはなくなります。つまり目は大きく、まつげは長く見えるようになるということです。

目立たない傷跡

眉下切開では、手術直後には、切開した部分を中心に赤い腫れが生じます。しかし、1週間程度で腫れはおさまっていきます。また、縫合には黒い糸が使われるので、眉毛との区別がつきにくい分、目立ちません。抜糸後には、ある程度は傷跡が残りますが、これは眉毛によって覆い隠されます。さらに、眉毛を描いたりファンデーションを塗ったりすることで、一層目立ちにくくなるのです。このように、手術した痕跡をうまく隠すことができる点が、眉下切開の長所です。まぶたは、二重のラインなどに合わせて切開することも可能ですが、その場合は縫合に使った糸や傷跡がやや目立つことになります。しかし眉下切開ならそれらが目立たない分、ダウンタイムを比較的快適に過ごすことができます。また、皮膚だけでなく余分な脂肪も一緒に除去できるので、その点でも注目を集めています。

気になる部分だけを整形

鏡を持つ女性

ほくろ除去にはレーザーや高周波メスで蒸散させるほか、くり抜き法や切除縫合法などの方法があり、ほくろの状態によって使い分けます。ただのほくろではなく悪性腫瘍の場合があり、施術の際に病理検査をすれば診断できます。

More Detail

にきびを治療するために

レディー

にきび治療にはレーザー治療がよく用いられます。さまざまな効果をもったレーザーがあり、症例に合わせて選択します。大阪などにある都市部のクリニックは症例数が多く、さまざまなケースに対応できる経験と設備を有しているので、安心感が得られるでしょう。

More Detail